【キャンプ】僕が『ゆるキャン△』に衝撃を受けたワケ

キャンプ

 こんにちは、御来屋です。
 先日からBS11で『ゆるキャン△』の再放送が始まりました。2020年1月からショートアニメ『へやキャン△』の放送も決まり、初めて、そして改めてご覧になった方もいらっしゃるかと思います。

 そして、これを見てキャンプを始めた方もいるのでは。というか僕がその一人です。
 今回は、そんな『ゆるキャン△』を見て「すごい!」と思ったポイントを紹介します。ホント、あのアニメの1話の作り方がすごいんです。

ゆるキャン△ 1 [Blu-ray]
フリュー
¥15,400(2020/06/09 19:29時点)

ステレオタイプな《キャンプ》のイメージとは

 さて皆様、「キャンプ」と聞いてどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?
 『ゆるキャン△』視聴前の僕といえば……

夏暑い時期に!

家族や友達など大人数で!

いっぱい体を動かして!

バーベキューなんかでワイワイ楽しむ!

 あとは焚き火とかキャンプファイヤーとか……というイメージが先行していました。まさにステレオタイプな《キャンプ》

一方の『ゆるキャン△』

 『ゆるキャン△』はどうでしょうか。第1話を見てみましょう。

「ゆるキャン△」第1話より引用
©あfろ・芳文社/野外活動サークル

寒そう!

「ゆるキャン△」第1話より引用
©あfろ・芳文社/野外活動サークル

一人!

「ゆるキャン△」第1話より引用
©あfろ・芳文社/野外活動サークル

特に何もしない!

「ゆるキャン△」第1話より引用
©あfろ・芳文社/野外活動サークル

料理も凝らない!

 すごい! 自分が抱いていたキャンプに対するステレオタイプなイメージを、ものの見事に丸ごと覆してきた!!!!!!

張り切らなくても良い!

 元々興味がなかったワケでもなく、しかしイメージ先行で「なんとなく敷居が高いなぁ~」と思っていた《キャンプ》という概念を、
「あ、キャンプって頑張らなくてもいいんだ!」
「これなら自分でもできるかも!」

 という所まで持ってきてくれた。

 使用する道具や風景の描写も秀逸……とか他にも色々あるんですけど、それらも含めた“敷居が高いと思い込んでいたキャンプ、それを始める動機となるための説得力”が非常に高いのが『ゆるキャン△』の持つすごさであり、魅力なのだと思っています。

 僕のようにキャンプに対して敷居が高そうなイメージを持つ・持っていた人こそ、『ゆるキャン△』はとてもオススメしたい作品です。
 タダの女子高生日常系アニメじゃないんだぞー!!! と声を大にして言いたい。
 初視聴から1年、現在ではキャンプの魅力にすっかり取りつかれています。キャンプ行きてえー!

 まだ今シーズンのキャンプが開幕できてない、御来屋でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました